読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふかのんセレクト

私が日常的に愛用している商品やアイテムの紹介

市販のカセットガスは安いのとイワタニの高い奴とでどう違うの?カセットガス比較。

鍋や焼き肉などで使うことがあるカセットコンロ用のガス(カセットガス・CB缶)。

これって100均や1本100円以下で売っているようなものもあれば、1本で200円くらい(あるいはもっと)するやつもありますよね?そのカセットガスって何が違うんでしょうか?

 

メーカーは自社のものを推奨しているが、缶自体の仕様は一緒

たとえばイワタニのカセットコンロであれば使用するのはイワタニのカセットコンロ用のガスを利用するように推奨しています。

ただし、どのメーカーも今は仕様を統一しているので、基本的はどのガスでも利用することができるようになっています(自己責任ですけどね)。

 

高いカセットガスと安いカセットガスの違いは内容

まず一つは、封入されているガスの違いです。

カセットガス缶には「n-ブタン」「イソブタン」「プロパン」の3種類が利用されることが多いです。後者になるほど高くそして低温であっても火力が維持しやすいという特徴があります。

 

格安カセットガスの「コン郎」。

 Amazonだと少しお高めですがだいたいスーパーだと1本あたり100円以下で売っています。中身は混合ブタンになります。

商品ページにも「冬期の低温時及び器具によってはガスの出が落ちる場合があります袋」と書かれています。

 

 

イワタニ カセットガス オレンジ

よく見るカセットガスでしょう。イワタニのオレンジガスです。

 

イワタニ カセットガス オレンジ 3本組 CB-250-OR

イワタニ カセットガス オレンジ 3本組 CB-250-OR

 

 お値段は調査時点で990円(3本)なので一本あたり330円もする計算になります。

こちらはn-ブタンが70%でイソブタンが30%という比率になっています。

先ほどのn-ブタン100%と比べると低温でも高い火力が維持しやすいという特性があります。

 

ユニフレームのプレミアムガス

最後はアウトドアブランドであるユニフレームのプレミアムガスです。低温での利用を想定したカセットガスになります。

 

ユニフレーム(UNIFLAME) プレミアムガス(3本) 650042 [HTRC 2.1]

ユニフレーム(UNIFLAME) プレミアムガス(3本) 650042 [HTRC 2.1]

 

 お値段は一本当たり440円というお値段になっています。

ここになるとn-ブタン0%、イソブタン95%、プロパン5%という配合になっています。”寒冷地でも快調に燃焼するプレミアムガス”と書かれているように、低温下でも効果力を維持することができるようになっています。

 

 

まとめ

基本的にはお値段が高いカセットガスほど、低温下での利用に強いということになります。低温になるとガスが気化しにくくなり使えなかったり、火力の低下などをもたらすことになります。

ガス缶は使っていると缶自体が冷えてしまいますので、夏場以外の時期に屋外でキャンプをするなら夜は格安カセットガスだと実用にたえない可能性があります。
冬キャンプ等でガスを使うならやっぱりプレミアムガスが必要になるでしょう。

 

一方で温かい屋内で鍋パーティーをするといったような場面においては無名メーカーのカセットガスであっても普通に使いきれるはずです。

時と場所に応じて使い分けましょう。

ただ、あくまでも個人的見解ですが、無名メーカーの混合ブタンのカセットガスとイワタニのオレンジガスは違うか?と言われたら「ほとんど大差ないんじゃないの。」というのが私の感想です。

無名メーカーのカセットガスをn-ブタン100%と表記しているサイトもありますが、n-ブタン(ノルマルブタン)だけを生成して詰めているとは思えないので、こちらも普通にn-ブタンとイソブタンの混合ブタンのはずです(比率がどうなるかは分かりませんが)。

 

ちなみに、基本的にはメーカーが推奨するカセットガスを利用するようにしましょう。それ以外は自己責任での利用をお願いします。